ばなー



2005年06月17日

バルサ戦での収穫は?

正直な感想を言いますと、負けてかなり悔しいです。せめて1点でも入っていれば流れがもう少し傾いたかもしれませんが・・・。はっきり言って差がありすぎ。よく0−3で終われたなって感じ。あと2,3点獲られてても全くおかしくない内容だった。バルサはほんとんどワンタッチでパスを回し、正確なフィード、流動的なプレー、個人技ではないチームでのサッカー、フィールドを大きく使うダイナミックさがあった。う〜〜んこりゃ勝てんわ(笑)これで相手は1.5軍レベルの選手ですから、ロナウジーニョやエトー、プジョルらがいたらと思うとほんと怖い。しかしその中でも達也・長谷部の動きはよかった。達也のボールを必死に追う動き、長谷部の勝ちたいという気迫は非常に感じられた。全員が同じような気持ちを見せてほしかった。特に最近の永井はどうしちゃったんだろう?ボールをあまり追うという動きを見せないように思える。すぐ諦める感じですね。もっと必死さを前面に出してもらいたいところです。この試合で選手たちは何を得ることが出来たのかわかりませんが、世界を肌で感じることができたのは大きかったと思います。マンUとの試合もありますし、リーグ戦再開も間もなくなのでこの試合で負けたことを当たり前のように受け止めてはほしくないですね。次は勝って浦和のプライドを見せて欲しい。あれが浦和のサッカーだと思われたくないし。そんなこんなで長々となりました。とにかく勝ちたかった試合です。


あと結構写真撮ってきたのでバルサ戦の写真は後ほど・・・
posted by ノブ at 17:59| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうさいたまんぞうは、blogするつもりだった。
Posted by BlogPetの「さいたまんぞう」 at 2005年06月17日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。