ばなー



2005年04月02日

あまりにも酷過ぎるジャッジ

大分戦をBSにてご覧になった方、現地にて参戦されました方々はご存知でしょうが今日の主審

はあまりにも酷過ぎる!!ありえないジャッジの連続でまさに西村ワールド炸裂!!って感じ

でものありえないくらい試合をぶち壊してくれました。アルパイの退場はまあしょうがない

ですが、ネネはまず冷静に考えても前からいってるしイエローが妥当では??レッズサポ

どうこうではなく、いちサッカーファンとしてそう思えるのですが・・・。まあそれも目を

つむったとしましょう。しかし後半にさらにマジックが待っていた。後半28分に深谷という

大分の選手がイエローを貰い、その後再三に渡り確実にイエローだろうというプレーに対し

何もなし!!思い切り決定的な場面でからだで止めているのにも関わらずあれはあれでほんと

にいいのか?さらには山田(これは前半)へのペナルティエリアでのキーパーとの交錯をPK

ではなくシミュレーションでイエローのジャッジに続き、後半でも長谷部へのPKだろ!!と思

わせるプレーにも今度は笛すらない。これはクラブ側もなにか対処した方がいいと思う。あそ

こまで不公平なジャッジはなかなか見れたもんじゃない。よく9人で試合終了間際まで持ちこ

たえたと思う。選手達はよくやってくれた!次の試合には必ずつながるはずだ!!



ちなみに今日の12人目の大分の選手、西村氏についてどのくらい主審としての経歴があるの

か調べてみました。結果は・・・

名前    Name       生年月日 出生地 1級登録年度 国際登録 J1主 J1副 J2主 J2副
西村 雄一 Yuichi NISHIMURA 1972/04/17 東京 1999/11   国際主審 32  15  21  14

国際主審!?

あっ・・・・ありえね〜〜!!!あんなやつが国際主審であっていいのか?

審判問題は今に始まったことではないが、今回ばかりはさすがにぶちぎれましたよ。

どうにかできないもんですかね??
posted by ノブ at 22:33| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は大宮サポですが、大宮公園から帰宅後、BS観戦でブチギレました

あんな不公平なジャッジが許されるのかと

こんな人間がスペサルなレフェリーなのかと

ファンタジスタが国際主審でいいのかと


ピッチに残ったレッズの選手は良く戦いました
感動すら覚えました
それだけに

主審が主役の試合で残念です

Posted by kaworu at 2005年04月02日 23:01
TBありがとうございます。

・・・国際主審だったんですか・・・驚きです。ハァ・・・。
でも最後まで闘った選手たちには拍手ですね。
Posted by andy at 2005年04月03日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

対 大分戦 @TV観戦
Excerpt: 05.04.02 [ Jリーグ第3節vs大分トリニータ戦 ] 4月2日(土)19
Weblog: 蟋蟀三世 kirigirisu 3rd
Tracked: 2005-04-03 00:16

対 大分戦 @TV観戦
Excerpt: 05.04.02 [ Jリーグ第3節vs大分トリニータ戦 ] 4月2日(土)19
Weblog: 蟋蟀三世 kirigirisu 3rd
Tracked: 2005-04-03 00:24

対 大分戦 @TV観戦
Excerpt: 05.04.02 [ Jリーグ第3節vs大分トリニータ戦 ] 4月2日(土)19
Weblog: 蟋蟀三世 kirigirisu 3rd
Tracked: 2005-04-03 00:26

試合のほうがネタだった
Excerpt: 多くの赤いブロガーさん、昨日はお疲れ様です。   しかし一番大きなネタが今日の試合でしたね。   ・暢久大丈夫なのか? PKのはずがイエロー&肩故障!・ハセベ、エメみんな敵..
Weblog: ぅとうつ
Tracked: 2005-04-03 14:18

勝ち点はとれなかったけど
Excerpt: 今日の大分戦、外出していたもので大急ぎで帰ってきてキックオフギリギリでテレビの前につきました。 ヤマがHPで「最近ハラハラする試合ばかりなので今度は安心できるような試合をしたい」と言っていたにもかか..
Weblog: QueTalEsta?〜Soccer〜
Tracked: 2005-04-03 16:40

大分戦(テレビ観戦)忘れよう・・・
Excerpt: せめて引き分けだったならば、幾分かは心が救われたことだろう。ピッチに残って最後ま
Weblog: 浦和レッズアイ!-赤茶屋- 2005
Tracked: 2005-04-03 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。