ばなー



2005年07月14日

ひどすぎる敗戦(大宮戦・柏戦)

ちょっと更新が遅れている間にいろいろと動きがありましたね。まずなんといってもエメのカタールへの移籍。これは非常に衝撃的でした。移籍が公表された当日、私はトイレで携帯をいじりならがi浦議を見ていたんですが、そこにエメの移籍の速報があり慌ててネットに繋ぎ確認しました。はじめは捏造かエメ似のやつだなとか思っていましたが、どこから見てもエメっぽいし・・・。で、結局その日のうちに公式にてエメ移籍のアナウンスがありました。はっきり言って最初は裏切り者だとか、移籍すんなら挨拶くらいしてけよこのハゲ!とか思っていましたが、いずれこうなるんだから今が一番いいタイミングだったんだと言い聞かせこの一連の騒動にピリオドを打ち、大宮戦の集中したのですが・・・。結果はエメ抜きでのヴェルディ戦のような内容とは全く違った正反対のサッカーが繰り広げれ、立ち上がりから大宮にペースを握られ前半で2失点。闘莉王が1点返し2−1とするもこんなサッカーではまず勝てないなと感じました。やはりこれが今のレッズの限界かもしれないと。そして昨日の柏戦ですよ。今期のワーストゲーム候補第1位ですね。本当に心の底からあんなひどい試合を見せてくれてありがとう(怒)と言いたい。チャンスというチャンスも全くなし。得点が入る気配ゼロ。失点はいつでもしそうという状況は見ていて絶望感があった。前半はなんとか奇跡的に無失点に抑えたが、後半はやはり今のレッズを物語る結果が待っていた。こんなんで優勝なんて狙えるわけないし、あそこまでひどいサッカーをできるものある意味すごい。選手たちにも気迫というものがこっちには伝わってこなかった。唯一、都築・長谷部の奮起が目立ったくらいだ。都築がいなかったらあと何点取られていたかもわからない。この2戦で全てを判断したくはないが、次節の広島戦ではスタメンを今一度見直した方がいい。今のレッズはスタメンをほぼ固定いる。スタメンの固定が悪いわけではないが、こんな競争のないチームは見ていてつまらない。ギドがどう修正してくるのか楽しみでもあり、不安でもある。まさか何も手を打ってこないということはないとは思うが、次節広島戦が今期を占う正念場であることは間違いない。エメルソンがいなくなったらから勝てなくなったと言われるチームにはなりたくない。
posted by ノブ at 12:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

更新遅れてるな〜(ヴェルディ戦)

久々のリーグ戦の参戦となったヴェルディ戦。前節7−1の完敗となったヴェルディだったのでDFも修正し、さすがに大量得点は望めないだろうと思っていた。しかしその思惑はいい意味で裏切られることとなる。まずは前半10分長谷部のミドルが相手DFに当りコースが変わってラッキーなゴール。これでまずは1点目。2点目はなんともレッズらしくないセットプレーからだった。三都主のFKを闘莉王がバックヘッドで合わせて2点目。このゴールは非常に難易度は高いと思う。よく決めてくれた。そして3点目もセットプレー。山田さんのFKが相手FWワシントンが豪快にヘッドで自分のゴールネットを揺らしてくれた。オウンゴールっぽかったが公式記録では山田さんの得点。これで2試合連続ですな。このまま危なげなく前半が終了し、0−3で折り返す。まずこの時点で勝ちはほぼ確信していた。が、しかし!!これだけでは終わらなかった。後半開始早々、永井が神ドリブルを繰り出し、相手の股間を抜いてのゴール。これは永井らしいゴールだった。あそこまで持ってける日本人FWはそういないだろう。素晴らしかった!そして達也・平川・平川と後半15分のあいだに4点獲るというまさにお祭り状態となった。結局7点目以降は決定機も少なく、得点は生まれなかったが快勝という試合を見せてもらった。正直ヴェルディの守備陣も問題だが、中盤でのパス回しや動き出しにも問題があり今のレッズとヴェルディならこの結果は妥当かなと。しかしなぜあんだけ点を獲られるのにも関わらず『次、頑張れよ!』とかブーイングもせずに逆に拍手??で選手を向かえてるのかがよくわかりません。一部物を投げ込む人もいましたが、無料招待の客が多かったせいなのでしょうか?レッズだったらまずありえませんよね。こうもサポーターに温度差があるとは思いませんでした。まあ何にせよHOT6第2戦も勝利できたわけなので最高の滑り出しですね。今日はさいたまダービーか〜。行きたかったな・・・。テレビで応援させてもらいます。


お祭り開始前
VFSH0445.JPG



そして・・・
VFSH0447.JPG




7月6日(水) 2005 J1リーグ戦 第14節
東京V 0 - 7 浦和 (19:02/国立/22,953人)
得点者:'8 長谷部誠(浦和)、'27 田中マルクス闘莉王(浦和)、'42 山田暢久(浦和)、'47 永井雄一郎(浦和)、'51 田中達也(浦和)、'53 平川忠亮(浦和)、'59 平川忠亮(浦和)


試合終了後ギド監督コメント

試合終了後各選手コメント
posted by ノブ at 12:14| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

J再開!第13節 新潟戦

正直エメ抜きでの闘いだったのでやはり得点力が心配だった。案の定、前半に決定機を数回作るも決められず逆に新潟に先制されてしまった。しかしギドのゲキに選手が奮起し、山田・達也と立て続けにゴールを決め今季初の逆転勝利を収めることができた。終わってみるとエメ抜きの方がサッカーとしては面白い。個人技に頼らず、周り使おうという姿勢がよくみてとれる。このままでもある程度は結果は残していけると思う。チームとしてまとまりがあるし、これからも期待していいのではないだろうか?と思いたいのだが、相手が相手だっただけにこれからのことを考えると助っ人は欠かせない存在になる。エメは今朝の新聞を見るとブラジルからのオファーなどからチームの合流に遅れているのでは?などと書かれているが、実際そうだと思う。仮にこのまま遅刻してチームに合流するということになったらどんな顔してチームメイトに会えばいいのだろうか。まず自分がこの状況だったら間違いなくこのレッズというチームには戻らずに違うクラブに逃げる。試合をすっぽかすなんてありえないでしょ?無断欠勤もいいとこだ。会社ならクビよクビ!はっきり言って勝手な考えですが、エメはこのまま帰らずブラジルでプレーするような気がする。もう帰ってくるなんて期待はあまりしない。今日も飛行機乗ってないんか〜とかため息つくのはもう疲れた。でも万が一戻ってきて、これからもレッズで頑張ります。もう遅刻はしません。キャンプも参加するし、天皇杯もでます。シーズン中にはブラジルに帰りません。っていうんだったら応援するけどね。まず無理そうな話。まぁエメは来ても今月中は出れそうにもないので現メンバーで頑張ってほしい!HOT6全勝で首位鹿島との差をじわじわ縮めてほしい。(なんか新潟戦のこと全然触れてない気が・・・)



7月3日(日) 2005 J1リーグ戦 第13節
浦和 2 - 1 新潟 (19:05/埼玉/39,656人)
得点者:'40 エジミウソン(新潟)、'58 山田暢久(浦和)、'64 田中達也(浦和)

試合終了後のギド監督コメント

試合終了後の各選手コメント
posted by ノブ at 07:01| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。